FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また愚かな議論が


また愚かな議論が

今日のTV番組では政治家がいかに勉強していないか、明らかになっています。

『日本国民は1500兆円ものお金を持っており、高齢者は1000兆円ももっておりこれを使わせないから景気が悪い』
『日本の企業は260兆円も保有しており、お金をため込んでいる』

この2つの説を述べる政治家は、一般的に流されている数字をうのみにして検証していないと言えます。


まず、『1500兆円のお金がある』ということを言いますが、1500兆円の金融資産=1500兆円の預金と思っているとしたらとんでもない間違いであり、日銀統計を見たことがありますか?と聞き直したいほどです。
政治家であれば、もちろん見ている、日銀統計に1500兆円の預金と書いてある、という政治家がいたら、その政治家は日銀統計を見ていません。

どこにも1500兆円の預金など書いていません。

大凡、現預金は800兆円となっており、残りは年金・保険・株・出資金・投信・国債となっているのです。
即ち、国民が保有しているすぐ使えるお金は800兆円しかないということになるのです。
そして、この800兆円のうち、現金分を除外すれば、国民が所有する預金は750兆円余りになるでしょうが、この750兆円は金融機関に預けられており、その預けられた金融機関は、せっせと国債(地方債)を買い、すでに国債発行残高は1,000兆円の迫ろうとしています。
国民の預金750兆円がそのまま国債に置き換わっており、お金が250兆円余り「不足」しているのです。

では、金融機関は不足している250兆円をどこから調達しているのでしょうか?
企業が保有する預金です。
統計上260兆円あるということであり、これが不足している250兆円とほぼ相殺できます。
*この企業の預金も借金と両建てになっている部分が多く、厳密に言えば260兆円もありません。

即ち、日本人・日本企業のお金はすでに国債という借金で「相殺」されており、すでに我々のお金ではなくなってしまっていると言えるのです。

もし、国民に1500兆円もあるのであれば、この1500兆円の1%、15兆円を使って、シャープ・ソニー・パナソニックと言った赤字になっている企業を買収し大企業連合を作り政府が再建させればよいのです。


毎年50兆円の借金が積み重なっている日本国

年金債務が500兆円

地方自治体の借金200兆円


この3つを解決する処方箋などあり得ません。

唯一解消できるとすれば、国家破産させ、国債・紙幣を無効にし、年金も消滅させることです。

これで日本国は債務のない綺麗な国になり、再建の道を歩み始めることができます。

では国民は?
昭和21年当時に経験した苦しみをもう一度味わいますが、勤勉な日本人が一から働き直しいい国を作ればよいのです。

勝ち組の韓国・中国企業の下請けに入り過酷な労働を強いられることになるでしょうが、日本が再生するにはもう一度徹底的に鍛えなおされる必要があります。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

タツウエモン

Author:タツウエモン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。